小豆島手延素麺協同組合 手延そうめん 島の光

四百年伝承の技、
小豆島手延素麺寒づくりを守る。

冷やした素麺をつゆにつけて一口「美味い!やはり小豆島の素麺は一味違う!」
とご好評頂いています手延素麺「島の光」。
小豆島手延素麺協同組合は伝統の技法を守り、美味しく、均一な品質の確保・向上の為日々努力しております。

理事長あいさつ

小豆島手延素麺協同組合「島の光」ホームページ開設にあたり一言御挨拶を申し上げます。

手延素麺生産地として400年の歴史を存する小豆島は日本三大生産地の一翼を担っております。
特に当組合ブランド商品「島の光」は天日干し、ゴマ油使用、頑固なまでの熟成によるこだわり製法により、美味しいことでユーザーより賞賛を頂いており、当組合も自負しております。

しかし今までは販売エリアが限られていました関係上、広般域の方々に賞味して頂ける状況になく御迷惑をお掛けしていたところです。

今回のホームページ開設を期に国内外を問わず広般なエリアで島の光の賞味が可能となりますので、いっそうのご愛顧のほどお願い申し上げます。

小豆島手延素麺協同組合
理事長 下本一彦

組合概要

名称 小豆島手延素麺協同組合

組合事務所全景
所在地 香川県小豆郡小豆島町池田1031番地
TEL 0879-75-0039
FAX 0879-75-2474
E-Mail hikari@shimanohikari.or.jp
倉庫 8棟
登録商標 島の光(商標登録第1220545号、1241128号、1838367号)
出資金 30,854,000円
年商 1,500百万円
従業員数 14名(平成29年10月30日現在)
組合員数 106名(平成29年10月30日現在)
現業者数 96名(平成29年10月30日現在)
組合員分布地域 小豆島町、土庄町
設立 昭和26年10月
代表者 代表理事 下本一彦
取引銀行 百十四銀行、香川銀行、商工中金、香川県農協、香川県信用組合、高松信用金庫